ダブルエイチオー 介護コンサルティング 介護セミナー

ダブルエイチオー 介護 事業紹介ダブルエイチオー百ねん庵・楠百ねん庵・桜くすのき・元気館
WHO事業コンセプト
株式会社WHOでは次の事業コンセプトを目標に事業計画を立てています。

現場主義
スタッフの向上は常に怠ってはいけません。10年前まで、高齢者の扱い方やケアの方法は学習されていませんでした。一部の研究者の課題ではがありましたが、広くは普及していません。今は国全体の課題です。そこでスタッフ教育に力を注いでいます。

一番要求されている施設
増えつづける高齢者や家族にとって一番の不安は、医療対応の可能な環境です。在宅管理がむずかしい方が、今後増加することは予測できます。高齢者の方は少しの怪我や病気で一気に要介護状態になる可能性があり、治癒する可能性はかなり低いのです。今一番少ない施設が、この完全介護型施設です。健常者と同施設を共有したタイプもありますが、なかなか重介護の方を入れたがりません。手間がかかるからと、ヘルパー等の人員増強が必要になるからです。そこで私共は重介護者を集めて、システムを構築し、一番要求されている施設作りを目指しています。

24時間看護・介護体制
施設介護に対する認識は年々変化しています。以前に比べ、特別養護老人ホームなどは公的施設であるがゆえの質の悪さは最近改善されつつありますが、まだ民間ベースまではいかないのが現状です。「安い入所金だから我慢しなさい」的発想はもう終わりました。サービス産業の一部にこれからは組込まれていきます。どんなシチュエーションにも高齢者が加わってきます。安心と安全が謳えない事業者は消えていくでしょう。今後大きなマーケットが出現するシルバー産業は、まだ見ぬ利用者を追いかけつつあります。『百ねん庵』はこだわりを持つ低価格志向の誰でも入りやすく、それでいてサービスが充実した施設を目指しています。
また、介護度の高い入居者を優先させ、24時間看護師、介護士を常駐させることで、よりスピーディーな安全確保に力を入れております。

医療や看護との密接な関係
介護を深めていく中で医療、看護との連携や協力を感じます。生きるための構造や治療、ナーシングは、切っても切れない重要な要素です。私は、このことも感じながら課題として取り組んでおります。


WHO事業概要
在宅医療の考え方
重介護の必要な入居者や在宅者へは、かかせないのが医療のつながりです。主治医となる先生の良し悪しで、困惑することがあります。親切で丁ねいな先生の処置と3分診察程度の流れ作業的処置では、基本的なかかわりが違ってきます。私達は、常に前向きに取り組んでいただける先生と取り組みたいと願っています。入居者の不安や家族の願いを聞き入れていただけることが、安心・安全の基礎になることは人間としてあたりまえと思います。

訪問看護
訪問介護と同様の考え方で、医療とのパイプ役が看護です。薬や処置を的確に行い、安全確認を行っております。看護師が不足している中たいへん難しいとは思いますが、介護サービスとは別の意味で大きな安心・安全の要素です。当社は、訪問看護の介護保険部分と医療保険部分を医療機関と連携し構築しています。

訪問介護
施設介護とは別に、目的(指示)介護として訪問介護にも取り組んでおります。高専賃、住宅型老人ホームを開設している事業者には必需事業です。サービスとして考えた時、本当の外部サービスでは不安が残ります。つまり入居者の安心・安全は、常に運営事業が責任を負う考えです。

訪問マッサージ
リハビリとの違いをよく聞かれます。はっきりした違いは言葉では言えません。自己動作で行う事と、第三者の動作で行う事の違いこそありますが、血行不良や筋肉の緩和等、利用者にはとても有益に思います。医療保険で利用できますので、当社は積極的に取り入れていただいています。週3~4回利用されている方もお見えになります。可動領域を広げるとともに気持ち良いようです。

新たな施設 高専賃、住宅型老人ホーム
総量規制が全国都道府県で行われる中、新たな施設として考えられているのが高専賃、住宅型老人ホームです。医療法人の参入や既存事業者の事業拡大に大きな要素であることはまちがいありません。当社は、そのスキームや運営方法を研究しています。事業提携や、連携での事業遂行も当然考えられます。なた、医療系からの介護施設運営もコンサルティングいたします。



株式会社ダブルエイチオー 愛知県名古屋市北区楠味鋺4-405
Copyright(C)2008 WHO.Inc All rights reserved